08日 2月 2017
今年テーマをあらためて書いておきます。 1.真直ぐに立つ。真直ぐに座る。 2.体重移動 3.リズム&技 今回はまず 「1.真直ぐに立つ。真直ぐに座る。」を解説しますね。  プロスポーツの一流アスリートも含めて、  真直ぐに立てていないプレーヤーがほとんどです。  あなたが真直ぐに立てているか確認してみましょう。  ...
16日 12月 2016
今年1年も残り1回の稽古となりました。 年間約40回の稽古回数で、1か月3.3回平均です。 心身統一合氣道は、正しい姿勢や動作を身につけることを 徹底的に行っていきます。 立ち方から 握り方、歩き方、座り方・・ 一挙手一投足、何から何まで正しいものに変えていきます。 といってもリラックスが最も大切と言っているわけで、 愉しい雰囲気で行っていきます。...
22日 3月 2016
今、合気道教室に来ているAさんは、当教室の最高齢71歳。 当教室に通われて丸4年。 最近になって知ったのですが、小学生から ドクターストップで体育の時間は全て見学、 なんと、体育、スポーツを一切、経験せずに この年令で合気道を始めたのです! 最初は、身体が硬かったのですが、 少しづつ、身体も柔らかくなってきました。...
17日 3月 2016
合気道を志される人の目的の一つに「心を成長させたい」との想いがあります。 【心は、そもそも成長するものなのでしょうか?】 実は、心は生まれながらに固定していて成長しない、とする考え方と 心は成長するものだ、とする考え方に大きく真っ二つに分かれるのです。 前者は、心が広い人は、生まれながらに優れていて、努力する必要はない、...
15日 3月 2016
・合気道は、決まった技を互いに行いあうものです。  決まった技なのに、上手にかからないのは、正しく行えていないからです。  つまり自分が未熟なことが上手くいかない原因です。 ところが、つい「相手が意地悪をしている」と考えてしまう人が多いものです。 そうして、互いに相手を嫌いになってしまいます。...
19日 3月 2015
近年、お子さんの自閉症、ADHD,発達障害の事をよく目に、 耳にするようになりました。 原因が先天性や薬害、環境汚染であるなら ぼくが論じることではありませんが、 原因が「心」ではないか、と 思えるケースもあるので、 触れておきたいと思います。 親(同居家族》の心の状態と お子さんの心の状態はリンクしています。 ということは、...
13日 2月 2015
「心を強くしたい」「弱い心を変えたい」「変わりたい」 そう願う人は、少なくない。 あなたも、そうかもしれませんね。 合気道をやると心は強くなるのだろうか? 始めて間もない人に、 「合気道をやってみて、よかったですか?」と聞いてみる。 『はい、良かったです。』 「何が良かったのですか?」 『体だけでなく、心のことも教えてくれるからです。』...
29日 10月 2014
子供ってやっぱりすごいですねー! 前には、出来なかったことも、半年、1年経つと驚くほどの成長を見せてくれます。 たとえば、稽古中は、なんだかダラダラとやっている感じで つい、やる気あんのかーツと思ってしまいますが、 審査になると・・人が変わったように ちゃんとやってくれたりします。 私たち大人に出来ることは、褒める種まきをして...
10日 10月 2013
子供は親に愛してもらいたい。のですよね。 親は愛してはいますが、社会のルールに 則って、または自分の都合で、子供に行動してほしい。 親の都合は、愛から出ているとはいえ、 子供には愛が伝わっていません。 いくら親が行動させようと指示をしても かえって反発してしまうのですね。 親の子への行動指示は、子供の悪い処、...
14日 9月 2013
世の中には、素晴らしい!と思える人や凄い!と思える人が 大勢、いらっしゃいますよね。 でも、そのほとんどの人たちは、 脚光の当たる前は、自分も周りも ごくごく平凡な人と思われていることが 多いって知っていました? 特に、自分の事を大したことないって思っている人は とても多いのです。 ところがある時から、注目され、マスコミに登場すると...

さらに表示する

メジャーリーグが取り入れた!
「氣の力」 H28.10発売
ワニブックスPLUS新書

【 関連図書 】

 

世界のホームラン王にしてWBC制覇の名将・王貞治氏。日本一4度の名監督・広岡達朗氏の二人が、「超一流になる人の心得」「いかにして本質をつかんだか」について語り合う。心身統一合氣道会の後継者、藤平信一氏が、二人の運命を変えた「氣」の理論をわかりやすく解説。生活からスポーツまで、一番大事な基本とは何か? 結果を出すための、正しい訓練とは何か? 伸びる人の学び方、優れた指導者の教え方とは何か? スポーツ少年からアスリート、指導者、教育者、ビジネスマン、一般社会人まで、心と身体を強くし、「ここ一番での弱さ」を突破し、成長を期する者たちのためのバイブル。

 

「動じない」

幻冬舎刊

2012年6月発売

 

※上記 著書名をクリックすると

 Amazonのページにリンクします。