すぐに忘れる知識をいつでも使える知恵に変えるには

本を読んで、いい話だなと思っただけでは、

数日もすると忘れてしまう。

 

知っているけれど使えない。これを知識という。

 

では、どうしたら使えるようになるのでしょう?

 

一つ目は、誰かに教えること。

 

すると教えていることで記憶が強化されるので

 

覚えている時間が長くなります。

 

しかし、これでも一通り、伝える相手がいなくなった段階で

 

忘れていきます。

 

二つ目は、身体で覚えること。

 

自転車をもう何年も乗っていなくても

 

すぐに乗れますよね。

 

 

カラダで覚えたことはすぐに使えます。

 

これを智恵と言うのです。

 

合氣道は、まずカラダで覚えるのです。

 

理屈は後からでいい。

 

 

現代のお子さんは、ゲームやテレビ等で遊ぶことが

 

多くなり、カラダを使うことが減っています。

 

なのでカラダを使って覚える体験が、大切なのですね。

本を読んで、いい話だなと思っただけでは、

数日もすると忘れてしまう。

 

知っているけれど使えない。これを知識という。

 

では、どうしたら使えるようになるのでしょう?

 

一つ目は、誰かに教えること。

 

すると教えていることで記憶が強化されるので

 

覚えている時間が長くなります。

 

しかし、これでも一通り、伝える相手がいなくなった段階で

 

忘れていきます。

 

二つ目は、身体で覚えること。

 

自転車をもう何年も乗っていなくても

 

すぐに乗れますよね。

 

 

カラダで覚えたことはすぐに使えます。

 

これを智恵と言うのです。

 

合氣道は、まずカラダで覚えるのです。

 

理屈は後からでいい。

 

 

現代のお子さんは、ゲームやテレビ等で遊ぶことが

 

多くなり、カラダを使うことが減っています。

 

なのでカラダを使って覚える体験が、大切なのですね。

メジャーリーグが取り入れた!
「氣の力」 H28.10発売
ワニブックスPLUS新書

【 関連図書 】

 

世界のホームラン王にしてWBC制覇の名将・王貞治氏。日本一4度の名監督・広岡達朗氏の二人が、「超一流になる人の心得」「いかにして本質をつかんだか」について語り合う。心身統一合氣道会の後継者、藤平信一氏が、二人の運命を変えた「氣」の理論をわかりやすく解説。生活からスポーツまで、一番大事な基本とは何か? 結果を出すための、正しい訓練とは何か? 伸びる人の学び方、優れた指導者の教え方とは何か? スポーツ少年からアスリート、指導者、教育者、ビジネスマン、一般社会人まで、心と身体を強くし、「ここ一番での弱さ」を突破し、成長を期する者たちのためのバイブル。

 

「動じない」

幻冬舎刊

2012年6月発売

 

※上記 著書名をクリックすると

 Amazonのページにリンクします。