すぐに忘れる知識をいつでも使える知恵に変えるには

本を読んで、いい話だなと思っただけでは、

数日もすると忘れてしまう。

 

知っているけれど使えない。これを知識という。

 

では、どうしたら使えるようになるのでしょう?

 

一つ目は、誰かに教えること。

 

すると教えていることで記憶が強化されるので

 

覚えている時間が長くなります。

 

しかし、これでも一通り、伝える相手がいなくなった段階で

 

忘れていきます。

 

二つ目は、身体で覚えること。

 

自転車をもう何年も乗っていなくても

 

すぐに乗れますよね。

 

 

カラダで覚えたことはすぐに使えます。

 

これを智恵と言うのです。

 

合氣道は、まずカラダで覚えるのです。

 

理屈は後からでいい。

 

 

現代のお子さんは、ゲームやテレビ等で遊ぶことが

 

多くなり、カラダを使うことが減っています。

 

なのでカラダを使って覚える体験が、大切なのですね。

本を読んで、いい話だなと思っただけでは、

数日もすると忘れてしまう。

 

知っているけれど使えない。これを知識という。

 

では、どうしたら使えるようになるのでしょう?

 

一つ目は、誰かに教えること。

 

すると教えていることで記憶が強化されるので

 

覚えている時間が長くなります。

 

しかし、これでも一通り、伝える相手がいなくなった段階で

 

忘れていきます。

 

二つ目は、身体で覚えること。

 

自転車をもう何年も乗っていなくても

 

すぐに乗れますよね。

 

 

カラダで覚えたことはすぐに使えます。

 

これを智恵と言うのです。

 

合氣道は、まずカラダで覚えるのです。

 

理屈は後からでいい。

 

 

現代のお子さんは、ゲームやテレビ等で遊ぶことが

 

多くなり、カラダを使うことが減っています。

 

なのでカラダを使って覚える体験が、大切なのですね。

ブログ