体を使わないと頭も悪くなる?!

最近のお子さんは勉強が忙しい。

 

宿題に追われ、塾に通い、分刻みのスケジュール。

 

空いた時間は、ゲームに費やされるのも無理はないのです。

 

 

ところで、

 

頭を良くするには、身体を良く動かさないといけないことを

 

意外と知らない親御さんが多いようです。

 

反対に、スポーツだけさせて、勉強をおろそかにして

 

頭を使わなければ、スポーツも伸び悩むことも知らない方が多いようです。

 

 

人間の脳は、様々な分野を体験することで、刺激され、シナプスが増え、

 

続けることでシナプスが強化され、

 

やがて細胞間の連絡が良くなることで、

 

頭は総合的に良くなるのです。

 

 

そして、合気道は、無駄な力を抜くことが最初から求められます。

 

力を抜いて体を使うと、皮膚感覚が鋭くなります。

 

さらに心身統一することで、五感が全て鍛えられます。

 

 

合氣道の奥深さをお子さんのうちから身につけて

 

いただきたいものです。

 

 

 

 

 

メジャーリーグが取り入れた!
「氣の力」 H28.10発売
ワニブックスPLUS新書

【 関連図書 】

 

世界のホームラン王にしてWBC制覇の名将・王貞治氏。日本一4度の名監督・広岡達朗氏の二人が、「超一流になる人の心得」「いかにして本質をつかんだか」について語り合う。心身統一合氣道会の後継者、藤平信一氏が、二人の運命を変えた「氣」の理論をわかりやすく解説。生活からスポーツまで、一番大事な基本とは何か? 結果を出すための、正しい訓練とは何か? 伸びる人の学び方、優れた指導者の教え方とは何か? スポーツ少年からアスリート、指導者、教育者、ビジネスマン、一般社会人まで、心と身体を強くし、「ここ一番での弱さ」を突破し、成長を期する者たちのためのバイブル。

 

「動じない」

幻冬舎刊

2012年6月発売

 

※上記 著書名をクリックすると

 Amazonのページにリンクします。