合気道の楽しさ

今、合気道教室に来ているAさんは、当教室の最高齢71歳。
当教室に通われて丸4年。

最近になって知ったのですが、小学生から
ドクターストップで体育の時間は全て見学、
なんと、体育、スポーツを一切、経験せずに
この年令で合気道を始めたのです!

最初は、身体が硬かったのですが、

少しづつ、身体も柔らかくなってきました。

いったい、何が楽しくて続けているのでしょう?

なんとなく、発言を聞いていますと
「これから、時代劇を観るのが愉しみ!」
「先日、梯子から落ちたのですけど、受け身のお蔭で怪我をしませんでした」
「除雪を5時間以上していたのに、全く疲れませんでした」

などなど、驚きの発言。

奥様も
「昔は、怒りっぽかったのが、合気道を始めてからは柔和になりました。」
「姿勢が良くなって、若返りました。」

いやいや、その取り組まれる姿勢から
こちらが刺激を受けているのです。

楽しいですね、合気道。


 

メジャーリーグが取り入れた!
「氣の力」 H28.10発売
ワニブックスPLUS新書

【 関連図書 】

 

世界のホームラン王にしてWBC制覇の名将・王貞治氏。日本一4度の名監督・広岡達朗氏の二人が、「超一流になる人の心得」「いかにして本質をつかんだか」について語り合う。心身統一合氣道会の後継者、藤平信一氏が、二人の運命を変えた「氣」の理論をわかりやすく解説。生活からスポーツまで、一番大事な基本とは何か? 結果を出すための、正しい訓練とは何か? 伸びる人の学び方、優れた指導者の教え方とは何か? スポーツ少年からアスリート、指導者、教育者、ビジネスマン、一般社会人まで、心と身体を強くし、「ここ一番での弱さ」を突破し、成長を期する者たちのためのバイブル。

 

「動じない」

幻冬舎刊

2012年6月発売

 

※上記 著書名をクリックすると

 Amazonのページにリンクします。