今年のテーマ

今年テーマをあらためて書いておきます。


1.真直ぐに立つ。真直ぐに座る。
2.体重移動
3.リズム&技

今回はまず

「1.真直ぐに立つ。真直ぐに座る。」を解説しますね。

 

 プロスポーツの一流アスリートも含めて、

 真直ぐに立てていないプレーヤーがほとんどです。

 

 あなたが真直ぐに立てているか確認してみましょう。

 

 できれば可動式の鏡と背後に垂線のある壁を利用し、

 垂線を自分の中心にセットして(かかととかかとの中心に垂線がくるよう立つ)

 全身を鏡に映して見てください。

 

 左右いずれかに頭がわずかにズレていることがわかるでしょう?

 両肩の高さもどちらが上がっているか確認してみてください。

 首の付け根から肩の先端までの長さも比べてみてください。

 短い方が、いわゆる肩がより凝っている側になります。

 

 ほんのわずか。もしかしたら1mm、2mmかもしれませんね。

 

 しかし、たとえば、野球やゴルフ、テニスなどボールを体の回転で打つスポーツ。
 真直ぐに立てていなければ、回転軸もわずかにブレる可能性が高まるのは

 当然ですね。

 

 また、とらえたいボールの位置がわずかにズレているとしたら

 結果には、大きな差が出ることは、プロのアスリートであれば、だれでも体験していることですね。

 

 なぜ、真直ぐに立てないのか?

 

 脳がわずかにズレている状態を真直ぐと認識しているからです。

 

 脳の誤差がある状態では、どのようなスポーツ、武道も成立しないのです。

 

 さらに真直ぐに立てていない状態で、ずっと練習、試合をこなしていくと

 体のどこかに無理な力が加わった状態で運動をすることになるので、

 故障する可能性が高くなります。

 

 故障してしまうと、故障した箇所の筋肉が収縮したままの状態になり、

 歪みが大きくなり、さらに故障するリスクが高まります。

 

 したがって、ハイパフォーマンスを可能にして、かつ故障しにくい身体を

 造るってくためにも真直ぐに立つことが最重要テーマとなるのです。

 

 次回は、テーマ2.体重移動です。

 

 

 

 

メジャーリーグが取り入れた!
「氣の力」 H28.10発売
ワニブックスPLUS新書

【 関連図書 】

 

世界のホームラン王にしてWBC制覇の名将・王貞治氏。日本一4度の名監督・広岡達朗氏の二人が、「超一流になる人の心得」「いかにして本質をつかんだか」について語り合う。心身統一合氣道会の後継者、藤平信一氏が、二人の運命を変えた「氣」の理論をわかりやすく解説。生活からスポーツまで、一番大事な基本とは何か? 結果を出すための、正しい訓練とは何か? 伸びる人の学び方、優れた指導者の教え方とは何か? スポーツ少年からアスリート、指導者、教育者、ビジネスマン、一般社会人まで、心と身体を強くし、「ここ一番での弱さ」を突破し、成長を期する者たちのためのバイブル。

 

「動じない」

幻冬舎刊

2012年6月発売

 

※上記 著書名をクリックすると

 Amazonのページにリンクします。