· 

筋力をつけようとしなくていい⁉①

筋力トレーニングは必須だと考えていませんか?

 

強くなるには、「パワーとスピード」をつけること。

そのためには、筋力トレーニングこそ最も大切。

 

より強い筋力を持つ外国人に日本人は勝てない。

より強い筋力を持っている若い人に年配者は勝てない。

 

 

この誤解を世界中の人に植え付けるのに貢献したのは、

1964年東京五輪 柔道無差別級で

ヘーシンクが日本人を破って金メダルをとった事実でしょう。

 

当時は、テレビが日本に急速に普及し始めた時でした。

柔道界だけでなく、広く日本人全体に激震が走ったハズです。

 

しかし、本当に強くなるには、筋力を鍛えることが大切なのでしょうか?

 

結論を出す前に

こちらのユーチューブを見ていただきたいのです。

https://www.youtube.com/watch?v=s9SFpOkkGoE

 

講道館柔道の三船久蔵十段が六段から八段までの高段者・連続8名を相手に

およそ5分間、入れ替わり立ち代わり、自由組手をこなしています。

 

小さなご老人が、自分よりも若く筋力が上に見える相手、

それもことごとく高段者を相手に組手を行っています。

 

注目すべき点は、

・5分間もの間、連続して行っているにも関わらず、息が乱れていないこと。

・最初は、相手に好きなだけ技をかけさせて、それを体さばきでこなしていること。

・技をかけると決めてから、技をかけるまで、まるで迷いが無いこと、

 しかも、いずれも一回で一本を決めていること。

・これら受け投げ全てを通じて、無駄な力が一切、入っていないこと。

・過去から現在まで、柔道家の中に、こうした動きを継承していると

 思われる人は一人も存在していないこと。

 むしろ真逆の方向に向かっているように思えること。

 

では、三船十段が、筋力を鍛える以外に、何を重視していたのでしょう?

三船十段と普通の高段者との考え方の違いは何だったのでしょう?

三船十段と、現在まで続く「筋力強化は絶対に必要」との考え方の違いは

何なのでしょう?

 

この質問に対する答えがわからない限り、

武道をやっていることは、単に自己満足にしかならず、

(したがって、真の意味で私たちが変貌することは出来ないでしょう。)

武道を通じて、得られる最も大切な境地に至ることは無いと考えています。

 

では、その答えとは何か?

次回は、それをお伝えします。

 

 

 

 

 

ブログ

小学校5年生が合気道を始めて毎日の生活が変わっていく物語。

ぼくの毎日をかえた合氣道 だれでも100%の力を出せる極意 

H30.6発売

メジャーリーグが取り入れた!
「氣の力」 H28.10発売
ワニブックスPLUS新書

世界のホームラン王にしてWBC制覇の名将・王貞治氏。日本一4度の名監督・広岡達朗氏の二人が、「超一流になる人の心得」「いかにして本質をつかんだか」について語り合う。心身統一合氣道会の後継者、藤平信一氏が、二人の運命を変えた「氣」の理論をわかりやすく解説。

 

「動じない」

幻冬舎刊

2012年6月発売

 

※上記 著書名をクリックすると

 Amazonのページにリンクします。