合気道をやって良かった事!

【 全ての年齢層にみられた声 】

 

・交通事故にあったときに、受け身が自然にでて

 最悪の事態を免れた、という声は幅広く聞かれます。

 

・公衆の面前で、上がることなく話ができるようになった。

 

・会社に怖い人が来たが、全く動じることなく

 にこやかに応対でき、向こうがあきらめて帰っていった。

 

・以前であれば、気が動転するような火災が家の近所で起きたが

 落ち着いて行動できた。

 

・電車の中で、倒れた人に臆することなく

 自然に声がかけられ対処できるようになった。

 

・電車で、人に席をゆずるのも何も考えることなく

 出来るようになった。

 

・さっと行動できるようになった。

 

・人に心を向けて話ができるようになったので

 相手から、信頼をもたれるようになった。

 

【 子供さんから始めた方の声 集めてみました! 】

 

・心身統一は一度身に付ければ一生モノの財産。

 どんな声が集まったのか、聴いてみてください。

 

〇I君の声

 

 ぼくが始めたのが小学生の低学年でした。

 クラスでいじめられたのを心配した両親が

 武道をやらせてはどうかと考えたのです。

 

 でも空手は怖そうだし、柔道も投げられると

 痛そうなので嫌でした。

 

 合気道は、先生が優しくて、それなのに強そう、

 これなら行きたいと思いました。

 

 結局、受験勉強のためと高校での部活が忙しくなったので

 合気道はやめましたが、小学校のうちに、

 いつのまにかいじめられなくなってました。

 

 部活はテニスをしたのですが、テニスにも体の使い方を

 応用できたので、覚えるのが楽でした。

 

〇Sさんの声

 

 私は、中学生から始めて、就職するまで続けました。

 

 自分の中心をしっかりと持つこと、目線と心の向きを

 一つにすることの大切さを学びました。

 

 お蔭で、狙ったものは逃さないようになりました(笑)

 

 就職も自分の望む会社に入れ、素敵なパートナーも

 見つけて、結婚することができました。

 

〇T君の声

 

前は、大事な試合の時には、普段の練習で、できてることが

 

できなかったのに、むしろ普段の練習以上のことができるように

 

なりました。

 

【 一般女性の方の声 】

 

〇Tさんの声

 

私は、スキーを趣味でやっていますが、

もっと上手くなりたいと思っていました。

 

そこで合気道の心と身体を一つにするという

方法を身に付けたいと思い習い始めました。

 

スキーには、すぐに活かせるようになってきたのですが、

3年くらい経過してからでしょうか、

 

だんだんと合気道の奥深さが面白くなってきて、

今では、はまっています。

 

〇Gさんの声

 

動機は、気に興味があったからです。

自分にもできるのかなーと少し不安でしたが

続けて1年か1年半くらい経った頃から

段々と気を感じられるようになってきて

 

3年くらい経つ頃には、健康にも

なってきました。

 

今は50代後半ですが、もっともっと

続けていきたいです。

 

〇Kさんの声

 

職場の人間関係に悩んでいて、

なんとか自分を変えたい、と思っていた時

合気道の事を知りました。

 

合気道を通じて、けっこう無理に自分の考えを

通そうとするところがあることがあることが

わかってきました。

 

そこで、先生に言われたとおりに、したところ

スムースに動けるようになってきました。

 

そのころから、職場での人間関係も改善されて

仕事もスムースにいくようになりました。

 

これからもっと人生の達人になりたいと

ひそかに思っています!

 

【 中高年男性の声 】

 

〇Eさんの声

 

小学生だった子供と一緒に来たのですが、

子供が部活でやめた後も、道場にくるのが

楽しくて続けています。

 

会社以外のいい仲間に出会えて嬉しいです。

もちろん、これからも続けたいと思っています。

 

〇Fさんの声

 

会社を退職してから、何か続けられるスポーツは

ないか探してきました。

 

まだ1年ですから、ついていくのがやっとですが

みんな親切なので、なんとか楽しくやらさせて

いただいています。

 

〇Aさんの声

 

空手を長年、続けていますが、若い人と

やるのがきつく、かといって負けるのは

悔しいので、なにか年に関係なく強くなれるものを

探していました。

 

合気道は、身体だけでなく心も強くできる。

これだ、と思い始めましたが、

「力を抜け」というのが中々できなくて

先生を困らせています。

 

それでも徐々に、力を抜くことができるように

なってきたので、これからが楽しみです。

 

【 専門家の声 】

 

〇Mさんの声 ヴァイオリン演奏&教室

 

私は楽器演奏と指導をしています。

 

以前は、体調が悪くてどうしようも

なかったのですが、

 

元気になるために合気道を始めました。

 

元気にもなりましたけど、

楽器演奏にも「力を抜く」教えが活かせるように

なり、「音が変わったね」と言われるように

なりました。

 

この年(50代)でも、まだ進化できるんだ、と

また楽器演奏が楽しくなってきています。

 

〇Sさんの声 油絵画家

 

ぼくが気を勉強したのは、

いまという瞬間を絵にしたかったからなんです。

 

これまで、いろんな本も読んできて

ほとんど世の中のことはわかっていたつもりだったけれど

 

気の世界は、それらとはまるで違う。

 

ぼくの絵は、変わるよ。

 

〇プロ 相撲取りの声

 

・もう筋トレ含めて、やれることはみんなが

 やってます。そこから抜きんでて勝つためには

 何かないか、噂を聞いてきました。

 

 ぼくらが本気で押しても体重が半分の人を

 押しきれない、

 

 こんなことが世の中にあるのか、と

 もう不思議ですが、

 一生懸命やって身に付けたいと思います。

 

〇プロ野球選手の声 ※このあと、代打要員から移籍先で一軍4番になりました。

 

・ぼくが尊敬している先輩から

 一度行ってみたらわかると聞いてきました。

 

 やってみると、自分には、知らない力が

 あることがわかりました。

 

 不思議ですけど事実です。

 なんとか身に付けて結果をだしたいと思います。

 

 

最後に教室責任者コメント

心身統一合氣道。この名称を聞かれたことのある方は少ないと思います。
僕自身、平成7年10月31歳で始めるまで聞いたことがありませんでした。

この武道を学んだ(学んでいる)各界の一流人の名前は
誰でも聞いたことがあると想います。

その一部を紹介しましょう。

王貞治氏、長嶋茂雄氏、松井秀喜氏はいずれも国民栄誉賞を受賞。
この他にも、プロ野球の中心選手で教えを受けたことの無い人の方が

少ないのではないでしょうか。

この他にも、昭和の名誉横綱 千代の富士(32回優勝)、

北京五輪で金メダルのソフトボールチーム、

などなど、その名前を挙げればきりがないほどです。

スポーツ界だけでなく、音楽(楽器演奏)家や画家、芸能人、演劇家(俳優)など

そのジャンルは、とどまるところを知りません。

ところで、あなたはここまで聞いて、アレッ?どうして武道である合気道が

全く異なるであろうジャンルにも役に立つのだろう?と思わなかったでしょうか。

そもそも、他の武道(空手や柔道、剣道等々)を他のスポーツを極める為に
必要と想う人がいるでしょうか?

他の武道をやっていた方が、異なるスポーツをして成功した例は

いくらもありますが、

 

すでにプロになって、さらに上を目指す人たちが、そのスポーツを

極める為に、武道を学ことが、かつてあったでしょうか?

(近年は、一部、古武道を取り入れるチーム、選手がでてきましたが

 王選手、長嶋選手が習っていたのは、昭和30年代、今から50年以上前の話です。)

しかも、芸術家、俳優、音楽家といった一般的には全く異なると想われる

方たちは、いったい何を求めて心身統一合気道の門を叩いたのでしょう?

 

では『武道』では無く、

『コレは、プリンシプル(原理原則)な心と身体の使い方を

身につけるのに最適なモノ』と言えば、少しわかりやすいのでは

ないでしょうか?

 

事実、王選手を始め、多くのプロ、アマスポーツ選手に指導された

藤平光一先生は、野球のルールを全く知らない人でした。


野球を知らない人が超一流の野球選手を育てる事が出来たからには、

全ての心を使う、身体を使う人に共通する

合理的な心と体の使い方のマスターである必要があるのです。

 

そうです。

心身統一合気道は、

その名称から想像される『武道』を超えた武道といえるのです。

 

そうして、もっともプリンシプルな事柄だからこそ、

身につけてしまえば、一生忘れない宝物となるのです。

 

ここで一つ、エピソードをご紹介しましょう。


先日(H26年2月16日)の暴風雪で、ここ釧路地方にも

久しぶりの大雪が降りました。

当教室の会員さんに69才の男性 加藤(仮名)さんがいらっしゃいます。
加藤さんは、駐車場20台分と言いますから(一般的に1台につき6~7坪必要)

相当な広さですが、そこに降り積った雪を朝10時~夕方5時まで、

御一人で手作業(除雪機械を一切使わずに)で片づけたと言われるのです。


「全然、疲れなかったんです」
『3年前(ここに通いだして2年)は出来たんですか?』

「いいえ、出来ませんよ。」

『凄いことですね。』

スーパーじいさんの誕生です。

ぼくは常々、暦年齢(加齢)と実年齢は違います。

心と体は鍛えれば鍛えるだけ強くも若くもなります、と
お話しています。

さあ、あなたも暦年齢を言い訳とする人生を離れ

若々しい実年齢を求める人生を共に歩んでいきませんか?
(※当教室は60代まで入会を受け付けています。)

 

メジャーリーグが取り入れた!
「氣の力」 H28.10発売
ワニブックスPLUS新書

【 関連図書 】

 

世界のホームラン王にしてWBC制覇の名将・王貞治氏。日本一4度の名監督・広岡達朗氏の二人が、「超一流になる人の心得」「いかにして本質をつかんだか」について語り合う。心身統一合氣道会の後継者、藤平信一氏が、二人の運命を変えた「氣」の理論をわかりやすく解説。生活からスポーツまで、一番大事な基本とは何か? 結果を出すための、正しい訓練とは何か? 伸びる人の学び方、優れた指導者の教え方とは何か? スポーツ少年からアスリート、指導者、教育者、ビジネスマン、一般社会人まで、心と身体を強くし、「ここ一番での弱さ」を突破し、成長を期する者たちのためのバイブル。

 

「動じない」

幻冬舎刊

2012年6月発売

 

※上記 著書名をクリックすると

 Amazonのページにリンクします。